プロフィール

完全予約制サロン『シュシュ』(国分寺)代表。
心理カウンセラー、ハンドセラピスト、自殺防止対策事業電話相談員

人生の目標は、女性が笑顔でいられる世界を作ること。

自信を持てない人の行動を応援し、自己効力感を引き出すことを得意とする。
モットーは、「行動すれば未来は明るい」「人生はいつでも方向転換できる」。

1969年福井県生まれ。幼少期は両親の都合で各地を転々とし、14歳で虐待から逃れるために家を出る。
その後、姉、妹と東京に移り住み、3姉妹で花屋を経営しながら定時制高校を卒業。

26歳で結婚し、長野県の義両親との同居を経て34歳で離婚。
3人のシングルマザーとなり、困窮しながらも介護福祉士の資格を取得する。

40歳で再婚。
47歳のときに、ストレス緩和効果のある「ハンドセラピー」を習得し、セラピストとして活動をスタート。

施術中に人生相談をされることが多く、お客様に「人生が好転した」と喜ばれる一方で、「心について専門的に学びたい」という思いを強くする。

50歳で単身東京へ移住し、日本応用カウンセリング審議会認定カウンセラー取得。
さらに、2022年には大学に入学。

現在は、通信で学びながら、介護福祉士として夜勤も続けており、日々、高齢者たちの人生ストーリーに耳を傾けている。

『シュシュ』では、女性へのカウンセリングとハンドセラピーを行う。

6年後(59歳)に大学院を卒業し、公認心理師(国家資格)を取得予定。
3人の娘は社会人となり、東京都小平市で夫婦二人暮らし。