痛いセルフブランディングしていませんか?自分の見せ方、それで大丈夫ですか?

私を含め、みんなが毎日考えていることの一つに「集客」があります。
どうやったら人が集まるんだろう。
どうやったら人に来てもらえるんだろう。

毎日朝から晩まで考えては、いろんな方法を試しています。
その中で一番大切にしているのが、あなたから買いたいと思ってもらえるように、自分自身を表現するということです。

痛いセルフブランディングしていませんか?自分の見せ方、それで大丈夫ですか?〜集客に必要なこと

どこで何屋さんをやっていて。
サービスや商品をいくらで売っているのか。
どんな人に向けたサービスや商品で。
それを買うとお客さんはどうなるのか。

どうしてそのサービスや商品を売っているのか。
そこにどんなストーリーがあるのか。

ここまで分かって初めて、私のサービスや商品に興味を持ってもらえると思っています。
でもまだ興味を持ってもらえただけで、行動につながらないので、大切なのはこれからです。
それが、自分の見せ方です。

トレーニングジムを経営している人の体が痩せ細っていたら、そこに通いますか?
私は通わないです。
自分の見せ方って、そういうことです。
サービスや商品と、自分のキャラクターが合っているかどうかも大切です。

サービスや商品に似合った言葉遣いはできているか。
服装や髪型は、キャラクターと一致していいるか。
姿勢、立ち振る舞い、表情はサービスや商品に合っているか。

お客さんはここまでを見て、なんか気が合いそうとか、ちょっと会ってみたいとか思い。
じゃあ行ってみようという行動につながるんだと思うんです。

私が定期的に通っているドライヘッドスパは。
室内は非日常が体験できるように演出され。
スタッフは清潔感があり丁寧で、技術が素晴らしいから通っています。
もし、スタッフの立ち振る舞いが乱雑だったなら、それだけで次は行かないと思います。

①知ってもらい
②興味を持ってもらい
③さらに深く知ってもらい
④実際に会い
⑤また会いたいと思ってもらう

集客には①〜⑤までの流れが大切で。
⑤まで来たなら、次からは③〜⑤の繰り返しです。

そして③~⑤が、自分の見せ方ひとつで決まると、私は思っていて。
ここの繰り返しをを怠ったり。
ここの見せ方を間違えれば、お客さんは二度と戻って来ません。

サービスや商品の品質が良いのは、今の時代当たり前なので。
その中で「あなたから買いたい」と思ってもらうには、「あなたはどんな人なのか」ということが重要です。

そして、どういう人なのかを知ってもらうために。
中身と同じくらい、外見や所作など、自分自身をどう表現するかがポイントになってきます。

痛いセルフブランディングしていませんか?自分の見せ方、それで大丈夫ですか?〜間違ったセルフブランディング

私が個人事業主になった頃に、やたらと耳にした言葉があります。
それが「セルフブランディング」という言葉です。

セルフブランディングとは。
自分自身(個人)をブランディングすること。
つまり、自分自身(個人)についてのプロモーション活動を行い、認知度やイメージの向上を図ることです。

SNSで誰もが発信できる時代になった今。
この言葉を知らなくても、自分の見せ方を意識している人は多いと思います。

ただ、勘違いしてはいけないのが。
自分を凄い人物かのように演出することが、セルフブランディングではないということです。

結果が出ていないのに、成功しているように見せたり。
一度会っただけの著名人と、親しい素振りを見せたり。
本当はお金がないのに、お金持ちのふりをしたり。

間違った表現をしても、長続きはしないし。
いつか化けの皮が剥がれて、自分が苦しくなります。

かといって、何でもかんでも正直に表現すればいいかと言えば、それも違っています。
いつも体調不良を訴えてる人には、仕事は依頼できないし。
いつも愚痴や不平不満を言っている人には、会いたいと思わないでしょう。

結局は、バランスが大事ということになるので。
偏りすぎず、風の流れにしなやかに揺れるぐらいの柔軟さを持っていればいいと思います。

ではまた。

シェアしてね!